Via Guastalla 21A, 41012 Carpi MO Italy
(+39) 059 638611
info[at]opas-coop.it

対象国

日本、韓国

対象グループ

「Eat&Think Pink」の対象グループは下記のように区別されています。

  1. メイン業者:
  2. 売買: 輸入業者、卸業者、小売業者
  3. メディア: 売買プレス、飲食、グルメ、ウェルネス、ソーシャルメディア、ウェブインフルエンサー;
  4. ホテル / レストラン / カフェ(ホ・レ・カ): シェフ、ケータリング業者

輸出、又流通予定食品のため、業者の協力が必要不可欠であります。同じく、メディア業を通し、消費者、及び公共部門で弊社のアクションを広め、オフラインもオンラインメディアも活かす必要となります。さらに、弊社が生産食品の訴求力を高めるためには、ホ・レ・カ業者の協力が重要であり、その食品の質や食感等を消費者に理解頂いた上で売る事を目標としています。

1a. 業者:展覧会、BtoB、ワークショップ、電話により連絡を取り合い、ソーシャルメディア、ウェブサイト、市場の調査だけではなく、ビデオ制作材料までの支援を保障しています。(期間1)

1b. メディア業者:商品市、電話、プレスイベントにより連絡を取り合い、ソーシャルメディア、ウェブサイト、市場の調査だけではなく、ビデオ制作材料までの支援を保障しています。(期間1)

1c. ホレカ業者:商品市、コック向きコースにより連絡を取り合い、ソーシャルメディア、ウェブサイト、市場の調査だけではなく、ビデオ制作材料までの支援を保障しています。(期間1)

  1. 消費者(間接的)。特に幸福、健康、食文化に気を配り、上記対象国の市場の大都市圏に住んでいる中・上階級の25~54歳の食品愛好家。その理由は、同上の商品者が弊社の質、生産方式、食品保障とトレーサビリティ、又当 弊社アクションの目標、つまり欧州連合製品を向上する事に最適な応答性が得られると考えられるためであります。戦略はそれぞれの対象グループに合わせ、特に対象に達成するように活動計画も設計します。

消費者はウェブサイト、ソーシャルメディアを通して連絡を受け、そのアクティビティをメディア業者に出版等の新たな形で発表され、改めて連絡を受ける形となります。故に、単に実証的、或は情報としての資料配布とみなされるものとしている活動(プレスイベント、ウェブサイト、ソーシャルメディア、動画、コック向きトレーニング)をしています。その一方、オパスとのビジネス関係を増やすための活動(フェアー、BtoB、ワークショップ)も企画しています。

当プログラムは、文化、また肉消費に慣れている事を共通している対象国の市場では、オパス生産食品の輸出を奨励する事に集中しているため、上記と異なる戦略を投資するというよりも、両方市場に対応し、パラメータ化することを選択しました。

経済成長目標達成は、2つの対象市場で豚肉消費量の一般成長だけではなく、品質の高く、保証されている食品を好む傾向により発生することに従わなければなりません。

EU
enj_EU


Loghi